出会い系で囲い女募集中のパパを探してみた。私が愛人契約を結んだ体験談

出会い系で囲い女募集中のパパを探してみた。私が愛人契約を結んだ体験談

愛人契約』を結んでから5年が経ちました。

一番最初に愛人になったのは20歳で学生だった頃です。今は就職してアパレルショップの店員をしています。

実家が貧乏だったので、大学の授業料を工面するには自らアルバイトをしたり副業をしながら稼ぐ必要がありました。

大学に進学してからまもなく、カフェ店のバイト代だけでは生活できないことが分かり、『お水の花道』というテレビドラマやネットの体験談を参考に繁華街のキャバクラで働くようになったんです。もともと水商売をしたかったわけではありませんが、生活費や授業料を捻出するためには夜のお仕事しかないと思いました。

しかし、キャラの濃い男性客や下心を持って来店する客を上手に操ったり、休日にも電話やLINEのやりとりをして営業活動をしなければ思ったように稼げません。それにお店のスタッフ同士の妬み僻み、マウント合戦にも耐えなければいけません。そんな生活に疲れ切ってしまった私は、「何とか他に方法はないものか…」と別の稼ぎ方を探すようになりました。

そんな矢先、ネットを見ていると『愛人契約』ができるとある広告を見つけたんです。今より楽にお金を稼げる方法を調べているうちに、自然と開いていたのがその出会い系サイトでした。

幼い頃からガードが堅かった私は、キャバクラ嬢をしているときも一度も枕営業はしてこなかったし、肉体関係を持つことだけは避けていたので愛人契約して身体の関係を持つことにはもちろん抵抗感を感じていました。でもお金は必要です。

出会い系で囲い女を募集するより良い愛人を探すために

出会い系の掲示板で募集されている囲い女と愛人契約したい男性の書き込みは、1回関係を持つごとに5万円だったり、1ヵ月の愛人契約で20万円だったりと、キャバクラ勤務ですっかり疲弊していた私にとってはどれも魅力的な条件ばかりでした。

「愛人になれば今の状況から抜け出せる」

「でもお金のために身体を売るのは嫌だ」

そんな思いで行動できなかった私は、思い切って「男性経験はありません」と恥を忍んで出会い系の掲示板に募集を出してみたんです。

もちろんこれまで肉体関係が全くないかと言われれば嘘になります。ですが、それは望まない性的な関係だったり、決して心から好きだと思える人との関係ではなかったので、自分の気持ち的にはピュアなままでした。

男性経験がないので初めから強引にされるのは怖い、ゆっくり優しくしてくれる方を望んでいる、そう伝えたのです。今考えればそれがかえって良い愛人関係を結ぶためのテクニックだったかもしれませんが、純白な女の子と思われたせいか引く手は多く、本当に私のことを理解してくれる優しい男性を見つけることができました。

当時は大学生でしたし、小柄で幼顔だったので男性に信用されるには十分な真実味もあったと思います。

より良い関係を築いていくためには、初めからホテルで肉体関係を結ぶのではなく、お金がもらえなかったとしてもまずは一緒に食事することがおすすめです。それでも快く会ってくれる男性には誠実で優しい方である場合が多い気がします。

中には食事だけでお金をくれる方もいましたし、不安がる私に自ら性病検査をしてきてくれた男性もいます。そんな中で私は安心して身を委ねられる人と知り合うことができたんです。

出会い系で愛人契約を結んだのは江口洋介似の男性

私が愛人契約を結んだその男性は、当時小さな会社を一人で経営している方でした。しいて有名人で似ている方に例えると江口洋介さんのような見た目で、手がすごく大きくて優しい男性でした。

愛人契約の内容としては、初めは1回会うごとに5万円から始めました。わがままだったかもしれませんが、私は本番無しという条件をお願いしました。思い返してみると、このような男性に不利な条件で1回5万円は都合の良すぎる条件だったのですが、彼は私のためにそれを受け入れてくれました。

だいたい1週間で1度、相手の都合が悪い時は2週間に1回くらいのペースで会いました。彼には家庭があり、愛する奥さんも子供もいます。そのため平日の日中にしか時間を作れないのですが、大学生だった私はいくらでも都合を合わせることができました。

毎回会うたびに高級なお寿司屋さんや一般人では入れないような焼肉店に連れて行ってもらい、遠方へ出張をした後はブランド物のバッグや財布をプレゼントされることもありました。デートするときはもちろん食事代やホテル代はすべて彼持ちです。何度か関係を持つうちに本番を強く望まれることもあり、次第に彼の優しさに惹かれていった私は何の抵抗も感じることなくそれを受け入れました。ちょうどその頃から、1ヵ月ごとの愛人契約で月30万円ほどをもらうようになっていました。

彼との関係を持ったのは2年間だけです。というのも、大学4年生で私の就職先が決まり、彼の元を離れなければいけなくなったからです。他に良い女子学生いないかなぁ、と言っていたのがとても寂しい気持ちになったのを覚えてます。

出会い系で再び囲い女を募集している愛人を探した

愛人として暮らす毎日が当たり前になってしまった私は、就職後も愛人募集を続けました。お金を使いたいという欲求があるのではなく、月に数回会って30万円をもらえる習慣を失うと急に不安になってしまったのです。

同じ出会い系サイトで囲い女を探している愛人を募集し、このときは肉体関係への抵抗もなくなっていたので、新しい愛人と会うことはとても簡単でした。一応本業があるので身バレが怖くなり、長期的な関係というよりも短期で契約できる愛人を複数持つようになりました。

休みの日に会うことが多いですが、共通の知り合いがいると怖いので、ファッションの雰囲気をがらっと変えたり化粧を濃くしてみたり、会う場所もなるべく郊外を選ぶように心がけています。身体の関係も許可してるので、1回会うたびに5~7万円での愛人契約がほとんどです。今さらこうした生活を止める気にはなれません。

ただ、同年代の彼氏を作りにくくなってしまったのが残念ですが、仕事をしながら愛人契約料をもらえているので、買いたいものは買えるし遊びたい時はいつでも旅行に行けるので今のところは充実しています。

これから愛人契約を考えている方は、一回始めると抜け出すことが難しくなるということを知っておいてください。それと、信用できる相手かどうかを見極めるためにも、お金のことよりもまずは自分の希望を素直に話してみてください。直接身体の接触を持つ前に食事してみるというところから始めるのをおすすめします。

ワクワクメールの登録はコチラから(R18)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
↑簡単登録で出会いが見つかる!

◆人気の優良出会い系ランキング!◆

第1位 PCMAX

・運営18年以上の信頼の実績
・完全匿名で利用可能
・ライトな遊び相手、セフレ探しに最適な出会い系

第2位 ワクワクメール

・創設19年以上の運営実績
・SNS連携不要、匿名制で安心
・地方もアクティブな出会い系No.1!

第3位 ミントC!Jメール

・創設20年以上の運営実績
・既婚者が多く、身バレなしの完全匿名制
・セフレ探し、既婚者同士の不倫に最適な出会い系

»女子大生をセフレにできました!