【出会い系】セフレを作りたい人必見!セフレには7つのデメリットがあります…

【出会い系】セフレを作りたい人必見!セフレには7つのデメリットがあります…

セフレがいることに憧れる人は多いですが、実は出会い系でセフレを作ることのデメリットまで気が回っていないという方も多いのではないでしょうか?

出会い系サイトは気軽にセックスできる相手を見つけることができますが、実際にセフレ作りをする前に以下のデメリットを知っておいてほしいと思います。

 

  1. 性病、妊娠させるリスク
  2. 金銭的な負担が増える
  3. 本命のパートナーを失う可能性
  4. 社会的な責任を取らされることも
  5. 自分の時間が犠牲になる
  6. 恋心が芽生えると終わり
  7. 知人から軽蔑される可能性

 

ではデメリットの詳細を1つずつ見ていきましょう。

デメリット①性病、妊娠させるリスク

出会い系サイトでセフレを作ろうとしたとき、まず一番に思い浮かぶデメリットが「性病」「妊娠」です。

妊娠を防ぐにはコンドームを使うことでほとんどは防ぐことができますが、性病だけはコンドームを使ったとしても確実に防げるというものではありません。

もしセフレが他にも色々な相手とセックスしている場合、その人数が多ければ多いほどどこかで性病をもらってくる可能性は否定できません。

 

それから、あまり認知されていないことですが、性病は本番行為をしたときにだけ移るわけではありません。実はフェラチオによって口内感染を引き起こし羅漢するリスクがあります。

確実な予防法はないかもしれませんが、少なくとも経験人数が異常に多いようなビッチやヤリマンは相手にしない方が無難です。

デメリット②金銭的な負担が増える

セフレと付き合っていくということは、1回1回関係を持つごとにデート代やホテル代がかかるデメリットがあります。居酒屋を割り勘にするなら1回3000円程度はかかりますし、ホテル代も割り勘とはいえ3000円前後は必要となります。

独身男性で彼女がいない人なら問題ないかもしれませんが、家庭があったり本命の彼女がいるという方だと、セフレを続けるかどうかは財布の状況がネックになる可能性も出てくるでしょう。

余裕がないという方は、最低限簡単に稼げる副業などを自分で始めてみるのもいいかもしれません。ちなみに私はモッピーなどポイントサイトを利用して月1万円~2万円ほどを稼ぎ、資金難を乗り越えていましたよ。

⇒セフレとの関係継続には多少のお金が必要!私がお小遣いで実践してること【副業】

デメリット③本命のパートナーを失う可能性

出会い系サイトを使っているという事実やセフレとの関係がバレた際、奥さんや本命の彼女がいたときのダメージは計り知れません。

最悪の場合、本命の彼女からはフラれ、奥さんからは離婚を突き付けられる可能性があることは覚悟しておきましょう。いずれの場合も精神的なダメージは決して小さいものではありません。

独身男性の場合はさておき、妻子や彼女がいる方は常にバレるリスクがあることを前提に、メールをこまめに消したりするなどアリバイ対策を万全にしてセフレと付き合っていくことが肝心です。

⇒男性の不倫がバレた原因トップ6|不倫妻の“巧妙マル秘テク”も大公開!

デメリット④社会的な責任を取らされることも

既婚者のセフレ相手の旦那に事実が知れた場合、当然ながら関係を続けることは諦めなければいけませんし、相手の感情によっては社会的な責任、つまり多額の慰謝料を請求されるリスクがあります。

相手の夫婦の関係が継続する場合でも50万円~100万円、万が一セフレ関係をきっかけに離婚してしまう場合には200万円~300万円以上が一般的な慰謝料相場とされています。

また、あなた自身が既婚者で、セフレ関係にあった事実を奥さんにバレた場合にも慰謝料請求の対象になります。もし離婚に至ってしまうと、結婚歴の長さにもよりますが、それでも一般的には200万円~300万円以上が1つの相場です。

仮にお互いの結婚パートナーに事実が知れ渡ってしまうと、最悪のケースではそれぞれに200万円~300万円×2人分、一瞬にして400万円~600万円もの負債を抱えることになり、その心理的・経済的な負担は尋常ではありません。

デメリット⑤自分の時間が犠牲になる

気軽に自由に付き合えるセフレとはいえ、好きな時間に自分勝手に会ってセックスができるわけではありません。

自分が会いたいときだけではなく、女性が会いたいと思うときにも上手に時間を作る必要があります。

特に本命の彼女がいたり家庭がある方の場合なら、それぞれに対して時間を割かなければいけませんから、それ相応に自分の時間を犠牲にすることになります。

極端にどちらか片一方にシフトしすぎると、いずれにしても怪しまれるリスクが高まります。奥さんや彼女と過ごす時間にセフレと付き合っている……一瞬ならいいですが、それが毎回となると最悪探偵を雇われて窮地に追いつめられることもあるので注意が必要。

デメリット⑥恋心が芽生えると終わり

当たり前ですが、セフレというのは「肉体だけで繋がった関係」のことをいいます。最初はその関係を受け入れることができたとしても、会う回数が増えるごとに情が芽生えることもありますし、相手によっては恋心を抱いてしまうなんてこともあるでしょう。

しかし、相手はあくまでセフレとしての関係を楽しんでいるわけですから、成就しない恋愛感情を持ってしまうと精神的にも辛いと感じるはずです。

セフレに本命のパートナーがいることも珍しくないので、相手の恋人や旦那さんに嫉妬心を抱いてしまったりヤキモチを焼いたりするとセフレも敏感にその様子を察知します。こうなると関係を継続するのは難しくなってしまいますので、身体は熱く、心は冷静に保つことがデメリットを克服し、長続きする秘訣といえます。

デメリット⑦知人から軽蔑される可能性

近年では若い女性を中心に“セフレがいる”というのも珍しくなくなってきましたが、それでもまだまだセフレに対する社会的なイメージは決して良いとはいえません。

出会い系初心者の方にとってセフレができる嬉しさは凄まじいものがありますが、セフレの存在をペラペラ言いふらしたりすると、中には軽蔑する同僚や知人もいるでしょう。

そうなると気づけばチャラ男のレッテルを貼られてしまったり、いつの間にか信頼できる仲間が周囲から消えてしまうなど、人間関係が悪化してしまうデメリットもあります。

特に女性の中には下半身の緩い男性を軽蔑する人が多いので、一度噂になると二度と収拾がつかなくなってしまうといったリスクは肝に銘じて付き合うべきです。

出会い系でセフレを作ることのデメリットまとめ!

この記事では、出会い系サイトでセフレを作ることで起こりうるデメリットを紹介しました。

セフレというのは気軽で都合の良い関係に聞こえますが、相手の状況や環境によっては取り返しのつかない事態に遭遇することもありますし、あってはいけないと分かっていても恋心を抱いてしまうのが人間です。

本来セフレ関係でいられることに価値があっても、どちらか一方に恋愛感情が芽生えてしまったときほど辛いことはありません。

 

また、セフレが妊娠してしまったり、性病を持っていたりすると金銭的な負担以上の他に、健康被害で苦しむリスクがあることも押さえておく必要があります。万が一セフレからもらった性病をパートナーに移してしまったりすると、その事実から浮気がバレてしまい破局する……こういったケースも巷では少なからず起こっています。

 

セフレという関係は実に気楽で良いものですが、その分しっかりとデメリットとなりうる部分を理解し、快適なセフレライフを送るよう努力しなければいけません。

⇒男性の不倫がバレた原因トップ6|不倫妻の“巧妙マル秘テク”も大公開!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
↑簡単登録で出会いが見つかる!

◆人気の優良出会い系ランキング!◆

第1位 PCMAX

・運営18年以上の信頼の実績
・完全匿名で利用可能
・ライトな遊び相手、セフレ探しに最適な出会い系

第2位 ワクワクメール

・創設19年以上の運営実績
・SNS連携不要、匿名制で安心
・地方もアクティブな出会い系No.1!

第3位 ミントC!Jメール

・創設20年以上の運営実績
・既婚者が多く、身バレなしの完全匿名制
・セフレ探し、既婚者同士の不倫に最適な出会い系

»女子大生をセフレにできました!