初対面のデートで沈黙しない方法【会話が続かない人必見です】

初対面のデートで沈黙しない方法【会話が続かない人必見です】

いきなりですが、皆さんはこんな経験ありませんか?

 

あなた「どちらに住んでるんですか?」

女性「・・・」

あなた「趣味なんですか?」

女性「・・・」

 

といった具合に初対面のデートでこんな質問をすると沈黙してしまった…

そんな痛い経験から「初対面の相手に趣味の話は盛り上がらない」と考えすぎてしまい、ますます会話が続かず沈黙。その結果追い打ちをかけるように二人をさらに包み込む気まずい雰囲気…

そんな初対面のデートの沈黙経験に恐怖を覚えたことがある人も多いはず。

また、そうならないよう事前にコミュニケーションノウハウやネタを仕入れたのに、いざ女性を目の前にすると1つも出てこない…

 

「一体俺はどうすりゃいいんだ…」

 

どうですか?思い当たることはないですか?

初対面デートの沈黙がトラウマになり、新たな出会いを探すのが怖くなるときもあるはずです。人見知りの皆さんならなおさらでしょう。

そんな皆さんに向けて、この記事では女性との初対面デートで焦ったり沈黙したりしないように、緊張しているときこそ使える会話の秘訣についてご紹介します。

実は口下手な私でも日常的に使っているテクニックですので、この内容を実践すれば沈黙しがちな人でも初対面の女性の前で必ず自然な会話ができるようになりますよ。

『キドニタチカケシ衣食住』は初対面のデートでは沈黙するだけです

私はこれまで初対面のデートで沈黙しないようにと様々な本を読んで勉強したのですが、その中で一番使えないと思ったのが

「キドニタチカケシ衣食住」

というテクニックです。

皆さんは「キドニタチカケシ衣食住」をググらずに説明できますか?

本来これは営業トークをする際の雑談に使えると言われるテクニックなんですが、一応説明しますと、

 

  • キ:気候「いい天気ですね!でも、夕方からは雨みたいですよ」
  • ド:道楽「週末は家族でバーベキューしてきました」
  • 二:ニュース「ミスドがピカチュウとコラボしたみたいですね」
  • タ:旅「先日の連休で京都に旅行してきました」
  • チ:知人「実は友人が札幌に転勤しまして。確か○○さんの出身地は札幌でしたよね」
  • カ:家族「先日母親が入院したんですけど、この年になると親の心配は尽きませんね」
  • ケ:健康「最近の健康診断でメタボと言われちゃいまして…」
  • シ:仕事「仕事の調子はいかがですか?」
  • 衣:衣類「ファッションセンスが素敵ですね」
  • 食:食事「この間できた○○のパン屋さんが美味しいみたいですね」
  • 住:住居「オール電化のアパートに引っ越したら光熱費が安くなったんです」

 

だいたいこのような感じで会話のネタを絞り出すために使われるのですが、これを初対面でデートする女性に使おうとしたことがあるんです。

しかし…

全然出てきませんでした(笑)

初対面で緊張してる時って、こういう暗記ものは良くないんですよね。

「最初のキって何だっけ!?」

と冒頭から記憶がぶっ飛びました。

「キドニタチカケシ衣食住」についてはこんな呪文みたいな言葉もあるんだなぁ~くらいに留めておいてOKです。これで沈黙を防げる人はそもそもコミュニケーションのプロですから。

それより、綺麗な女性を前にしても緊張せずにもっと気楽に会話ができるテクニックがあります。

初対面のデートで絶対に沈黙しない会話テクニック【会話が続かない人必見】

その初対面のデートで絶対に沈黙しない会話テクニックとは、ずばり

「子どもの頃の話をすることに全力を注ぐ」

できれば6歳(小学1年生)~11歳(小学6年生)くらいまでの話が理想的です。

なぜなら、相手に「昔から子供の頃から知り合いだったみたい」と無意識のレベルで錯覚させることができるからです。

 

「はぁ?何それ」

 

って思いましたか?

「そんなことできるの?」なんて思った方は、これを読んだ後に実際に試してみてください。デートじゃなくても友人や同僚との普段の会話でも使えるテクニックですので、必ずコミュニケーションスキルが上がります。

別に無理に口説こうとしなくていいですし、彼女にして付き合おうなんて考えなくて大丈夫なんです。

まずは全てを忘れて子供の頃の話をすることに注力してください。

サッカーに例えるなら、フリーキックの前に助走を取るのと一緒ですね。助走無しでボールを勢いよく遠くまで蹴ることはできませんから。

とあるマラソン選手は、初めから42.195kmを走り切ることを考えるより、数十メートル先の電柱を目印に目標を区切りながら走るといいます。「あの電柱を超えるまでは全力で走ろう、でもここまで走ったんだしあと数十メートル先にある電柱まではこの位置をキープしよう…」といった具合にです。

それを延々と繰り返しながらゴールを目指す。

その電柱の話やサッカーの助走が子供の頃の話というわけです。

とはいえ、鼻息荒く「ねぇねぇ、子供の頃って何してたの?」なんて聞いてもただただ不自然ですし、女性が最も嫌がる質問責めになってもいけません。

そのためにはいくつかパターンを決めておきましょう。

「自分の子供の頃の話」から始めると初対面デートでも沈黙しない

「子どもの頃アレルギーで玉子がダメでさ、ヨウド卵光だったらOKだったんだよね~。子供の頃食べれないものとかあった?」

ヨウド卵光なんて言うと私の年齢がバレそうですが、このようにまずは自分の子供の頃の実体験から話を始めます。

ただ、いきなり「え?卵の話?」となってしまうとこれまた不自然さや「俺、会話に切羽詰まってます」感が出てしまうので、まずはこの話の前にワンクッション挟んでおきましょう。

そのきっかけにするものは、

  • 視界に入ったもの
  • 見て感じたもの

 

これらを発端に「自分の話をする」→「相手に質問する」という会話の流れを組み立てていきます。

先述の例で言いますと、例えば初対面の女性と二人で居酒屋デートに行ったとします。そこのメニュー表にだし巻き玉子があったとしましょう。

そうしたら、

 

「子どもの頃アレルギーで玉子がダメでさ、ヨウド卵光だったらOKだったんだよね~。子供の頃食べれないものとかあった?」

 

というように、視界に入ったもの・感じたものを最初に言って、そこから連想ゲームのように話をつなげていくのが簡単です。

そうすることで、

「私はチーズが苦手だったかな。あ、でも割けるチーズはなぜか好きだった笑」とか

「ヨウド卵光って何!?」みたいな会話の展開が期待できます。

この方が初対面のデートで「趣味は何ですか?」など、突拍子もなく質問するよりずっと自然な流れで会話を楽しめるようになります。

他にも子供の頃の思い出を実際に色々書き出してみてください。

 

  • ペット:飼ってたヒヨコが逃走して帰って来なかった。食べられちゃったのかも
  • 家族:小6の頃兄貴がパンチパーマにしたのを笑ったら殴られた
  • おもちゃ:おもちゃの刀を振り回す父親から本気で泣いて逃げたことがある
  • いたずら:祖母の家の庭に大きな穴を掘ったら母が落ちてた
  • エピソード:スーパーでおねだりするときは地面に寝っ転がると買ってもらえた
  • スポーツ:ゴルフボールを人に当てるのが得意だった(非常に危険です)

(すべて私の実話です)

別に面白い話ではなくても構いませんので、子供の頃の記憶で思い出せるものがあれば10分くらいで片っ端から箇条書きにしてみるのがおすすめです。

すると、いざ女性と話してるときに話題がフッと出るので、タイミングよく小出しに話していきます。もしも会話が沈黙しそうなときに、あらゆる方向からネタを切り出せるようになってくるので、一度書き出すことの時間帯効果は有り余るものがあります。

6歳~11歳の話をおすすめと言いましたが、中学や大学のときの話でも構いませんしここ数年の出来事でも良いでしょう。

また、最近の出来事から段階的に学生時代の話に展開していく会話テクも使えますよ。

 

「俺、最近会社の野球サークルに入ったんだよね。何かスポーツとかしてる?」

「ううん、今は仕事が忙しくて」

「そうだよね。そういっても俺も月イチだし笑 高校の時は?」

「高校のときはバスケしてたなぁ。懐かしい」

「そうなんだ、スラダンとかめっちゃ見てたよね笑 バスケはポジションどこだったの?」

 

といった話をしながら、

「子どもの頃から運動は好きだったの?」とか

「バスケ辞めたきっかけって?」という質問に持っていくと色々初対面の相手のことを知れるきっかけにもなるので一石二鳥です。

以上の流れに決まったルールはないので特に覚える必要はありません。

『キドニタチカケシ衣食住』みたいに、暗記して思い出そうとすると間違いなく「えーと、あーと、…何だっけ?」と焦るからです。せっかく初対面デートで沈黙を防ぐ方法なのに、それで沈黙してしまっては元も子もありません。人見知りの皆さんは特にです。

なので、女性と話しているときは一旦すべてを忘れましょう。

「子どもの頃の話をする」というゴールを明確にすることと、そのための記憶の整理をしておけばそれだけで大丈夫です。

少し前の話にはなりますが、サッカーワールドカップのポルトガル代表の選手がこんなことを言っていました。

「ポルトガルチームはロナウドにボールを回せば大丈夫。とりあえず彼にボールが渡ればファンタスティックな展開が起きることを僕たちは知ってるから」

つまり、彼らにとっての電柱はロナウドへボールを繋ぐことであり、ロナウドにパスを出せば結果的にゴールを奪うことができるというわけですね。残念ながら優勝はできませんでしたが、確かにその戦術のおかげでポルトガルは順調に勝ち上がることができました。

それと同じで初対面のデートで沈黙しないためにも電柱となるゴールを明確にしておく。しかし、ある程度はパスをつなぐための事前準備をしてから臨むべきです。

女性と仲良くなりたいときは、後のことは考えないようにして子供の頃の話につなげることをゴールにしましょう。そのためにもまずは、私のように皆さんも自分の子供の頃の記憶を書き出してみてください。

初対面のデートで沈黙しない会話テクニックまとめ

いかがでしたか?

今回は初対面のデートで沈黙しない会話テクニックを私独自の視点で紹介しました。

まとめてみると、

  • 子どもの頃の記憶を箇条書きで書き出す
  • 視界に入ったものや話題と関連付けて子どもの頃の話をする
  • 女性とのその後のことは一度忘れる

 

これらを意識するだけで、初対面デートの会話が沈黙することは必ずなくなります。

私は現在出会い系サイトを利用して、自分の都合の良いときに綺麗な女性と1対1でデートを楽しんでいます。今では誘うと予定を空けて会ってくれる女性が数名いて、どの子も比較的綺麗な子です。

気を遣わず何でも話せるようになったし、一緒に過ごしているととても落ち着きます。そして何より楽しいです。

彼女たちとも最初は初対面のデートをしました。上記のテクニックを知っていたおかげで、私は誰一人として会話が沈黙することもなかったですし、スムーズに会話ができたことで信頼関係を築くのも早かったと思います。

今回ご紹介したテクニックは、本来であれば有料で紹介してもおかしくないレベルのものです。出会い系サイトでは特に通用する沈黙を防ぐ会話ノウハウですのでぜひ有効に活用してみてくださいね。

基本的にこのノウハウだけでも初対面の女性との会話で沈黙することはなくなりますので、忘れないうちにすぐに実践してみましょう。インプットした後のアウトプットが何より大切です。

出会い系サイトで実践してみる
↓ ↓ ↓ ↓

※18歳以上限定で利用できます

→PCMAXの詳細はこちら

出会い探しに迷ったら…まずはこの3サイト!!

PCMAXは会員数1300万人以上の大手出会い系サイト。テレクラ、出会い喫茶、ライブチャットなどアダルト関連サービスの運営歴が長く、今最も出会えるサイトで有名。年間10億円以上の宣伝費をかけているため、女性会員が豊富なのが特徴。セックスできる相手を探すなら間違いなく登録しておくべきでしょう。今なら600円分の無料ポイントが付いてきます。

ワクワクメールは大手出会い系サイトの中でも運営歴が一番長く、PCMAXに比べてピュア色が高めの出会い系サイト。全国の地方部でのユーザー数が多く、月間アクティブ会員がNo.1!地方部にもユーザーが豊富なため、全国各地で理想の相手が見つかります。

ミントC!Jメールは月間登録者数を伸ばす今大注目の大手出会い系サイト。ピュア路線が強めのサイトだが、実際には30歳以上の人妻・熟女でセフレ探しする女性も多く、年上好きな人なら満足度は非常に高め。恋活目的よりもセックスできる気軽な関係を求めたいなら登録しておいて損はない。

登録が終わったら年齢認証を必ず行いましょう。登録しただけでは、気に入った女性を見つけてもメールができません。年齢認証を済ませると無料サービスポイントがもらえますが、余裕を持って1000円分ほどのポイント購入がおすすめ。無料ポイントとの併用で出会いの確率がかなり上がります。

私が1ヵ月で5人とヤレたセフレ体験談 /